TOP
MENUMENU

【プレスリリース】オールシーズン使える作業用安全靴「オールラウンダー」3製品を10月23日新発売

2017年10月23日

雪上でも滑りにくい新型ソール実装 オールシーズン使える作業用安全靴「オールラウンダー」
雪が入りにくい長編上靴など3製品を10月23日新発売
~交通事故死よりも多い「転倒・転落死」は高齢社会における社会問題にもなっています~

安全靴や作業着等を製造・販売するミドリ安全株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:松村不二夫)は、雪上でも滑りにくい作業用安全靴「オールラウンダー(ARD235/ARD225/ARD210静電)」の3種の新商品を、2017年10月23日(月)に新発売いたしました。

近年、高齢者の増加に伴い「転倒・転落」による国内の死亡者数は増加傾向にあり、2016年には交通事故での死亡者数を大きく上回る8,030人が、転倒・転落を原因として亡くなっています。特に雪国では積雪・凍結が原因とみられる転倒災害が毎年冬場に急増し大きな問題となっています。これから冬に向けて、滑りにくい靴や各種すべり止めグッズなどをしっかりと活用し、転倒防止対策を積極的に行うことを推奨いたします。

⇒雪上でも滑りにくいオールシーズン使える安全靴:ARDシリーズ 商品詳細
⇒商品詳細(公式通販サイト【ミドリ安全.com】)
⇒プレスリリース(PDF)

今回発売した「オールラウンダー(ARD235/ARD225/ARD210静電)」3種は、優れた耐滑性能を発揮する新型ソール採用の耐滑JIS合格の作業用安全靴です。昨年先行して発売した短靴タイプのARD210に続き、雪が入りにくい長編上靴や中編上靴、JIS静電合格の静電タイプの計3種を新たに販売します。

オールラウンダーシリーズは、新型ソールが最大の特長で、ソール周りに配置したギザギザが雪に食い込み、しっかりと雪を捉えることで、雪上での滑りや転倒を防ぎます。
ソール中央には、水や油による滑りを防止する耐滑JIS合格の滑り止めソールを採用しており、降雪時に屋外から屋内に戻るときなど、靴が濡れた状態のままでも滑りにくい安心設計です。
ソールの外側には雪上での横滑りを防止するための縦方向の滑り止め意匠を配置したほか、靴の交換時期を示す新型のスリップサインもレイアウトしました。
また、ミッドソールにはクッション性の高い発泡ポリウレタンを採用し、足甲部とベロ皮にはクッション材を内装することで(短靴のみ)、高いフィット感と心地よい履き心地を実現。

長時間履いていても疲れにくく、雪上ではもちろんのこと、季節や業種問わず1年中使える高機能安全靴です。

当製品の発売を記念して、2018年1月末までに下記の対象サイトにてオールラウンダーシリーズをご購入いただいた方を対象に、首回りを温めるのに最適な「ネックウォーマー」をプレゼントいたします。

<新商品発売記念キャンペーン!>ネックウォーマーを購入者全員にプレゼント
ARD235/ARD225/ARD210静電の発売を記念して、2018年1月末までに対象商品を購入した方を対象に、首元を温めるのに最適な「ネックウォーマー」をプレゼントいたします。
対象サイト:ミドリ安全.com(一般会員・ゲスト会員)/楽天市場Yahoo!ショッピングWowma!ポンパレモール
対象商品:ARD210/ARD235/ARD225/ARD210静電
キャンペーン期間:2017年10月23日~2018年1月31日

■配信元:PRナビ
http://prnavi.jp/pr/others/20171023/59054/

■配信元:PRTIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000029.000011153.html